鈴木歯科医院 −痛くない足利の歯科・矯正歯科・小児歯科ー やさしい歯医者さん

小児矯正歯科・矯正歯科

矯正

床矯正 (Dr.佐藤智美)

 

歯の生え変わる時十分なあごの大きさに成長しているとは限りません。

 

床矯正は歯並びが悪くなった原因を取り除きながら取り外し式の装置を1日14時間装着してあごの成長を助けてあげる手法です。
結果、歯を抜かない環境を作りやすくなります。

 

このため学校にも外して行けますし、スポーツや歌をを歌うときなど外したいときは外せます。 
あごの成長も背が伸びる時期と同じです。

それまでに開始することで時間も費用も軽減出来る可能性があります。

 

4歳から始められますので少しでも歯が重なってきたなと気づいたら相談してください。

費用


相談 無料

検査料 
20.000円 
装置 
40.000円
チェック料
2500円/1回

 

装置の数は個人差がありますが上限は
300.000円とさせて頂いています。

装置の破損、紛失は別途かかりますので大切にして下さい。

治療前(症例@) 治療後(症例@)

@主訴・下のはの重なりが気になって来ました
A病名・下顎叢生
B年齢・10才女の子
C用いた装置・取り外し式の平行拡大装置を上下に使用後保定させています。
D歯は抜いていません
E治療期間・2年
F費用・約16万円

すべて永久歯(大人の歯)になってから開始しました。
並びきるためのスペースを装置で確保したことで綺麗に治りました。
今後リテーナーと呼ばれる保定装置を夜間でも入れていないと成長過程で元に戻ってしまうことがあります。
もちろん個人差はありますがチェックは必要です。

治療前(症例A) 治療後(症例A)

@主訴・上の前歯が内側に入っているのが気になって来院しました。
A病名・交差咬合
B年齢・8才
C使用した装置・上の歯に前方移動装置  
           下の歯に並行拡大装置
D歯は抜いていません
E治療期間・7か月
F費用・約10万円

上の前歯が下の歯より前に出ました
このことで顔貌も変わりました。
個人差がありますが前方移動したことで今後歯肉退縮などが起こることもあります。

 

 

<img src=

 

 

矯正 (Dr.内田裕子)

<img src=

流れ

1.相談

気になる部分をうかがい、費用、装置、時期などの目安をご説明します


2.検査
レントゲン、お口の型、かみ合わせの記録などの検査をおこないます

3.診断

検査結果をもとに、治療方法をご説明し、患者様のご希望もふまえて治療方針を決めていきます

4.治療
決定した治療計画を進めていきます。しかし予期せぬ成長や悪影響を及ぼす癖などにより治療計画の変更が必要になる場合もあります。

5.保定
装置を外しても、その歯並びが落ち着くまで後戻り防止の装置で経過観察します。
通常は2〜3年です。

費用

●相談    簡単な治療の説明をさせて頂きます。初回無料です

●検査・診断  レントゲン・歯型を記録し、それを元に治療計画を立て期間、費用など説明します。20.000円

●治療  基本的に月に1回です。ワイヤーを外したりしたら経過観察になりますのでチェックの間隔は開いていきます。
●チェック料 5.000円/1回
ただし修理など必要であれば修理代が別途かかります。

 

小児矯正上限300.000円 
  

成人矯正 上限300.000円〜600.000円

 

白のプラスチックのブラケットは10万円、やリンガルブラケットは15万円のプラスの料金が発生します。                    
 (消費税別途)

 

メタルブラケット

ブラスチックブラケット

リンガルブラケット

マウスピース

保定装置


ホーム RSS購読 サイトマップ