UA-41805062-1


IMGP0010b.JPG

Q1.自由診療と保険診療の違いは?


「保険診療」は基本的には「食事ができるようにする」という機能回復を目的とした診療で治療方法や使える材料に決まりがあります。
「自由診療」はそのような決まりがないため、ただの機能回復だけでなく、より噛みやすい方法や、見た目に配慮した材料を選ぶことができます。
ただし「自由診療」は国民健康保険・社会保険で適応できない範囲の診療のため、医療費は患者様に全額負担して頂くことになります。
(自由診療の一部:矯正治療、ホワイトニング、一部のかぶせ物など)


Q2 : 歯並が悪いと問題がありますか?

歯並びが悪いと歯ブラシが届きにくい部分ができてしまうため、汚れが残りやすくなってしまいます。そのため、歯垢や歯石が溜まり、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。


Q3 : フッ素とは?

フッ素は自然界に広く分布している元素の1つで、水や海産物、野菜、果物、お茶などの食品にも微量ながら含まれています。
フッ素には、①歯を強くする、②初期の虫歯を修復する、③虫歯菌の酸産生を抑制する、という3つの虫歯予防効果があります。


Q4 : インプラントは一生もちますか?


歯周病は進行すると歯を支えている骨が減ってしまい、歯がグラグラしてダメになってしまう病気ですが、インプラントも骨が支えになっているため、歯磨きが不十分であったり、噛み合わせに問題が生じたりするとインプラントの寿命は短くなってしまいます。
そのため、日頃のブラッシングはもちろん、定期的検診が欠かせません。


Q5 : ホワイトニングでどれくらい白くなりますか?

歯の密度や個人差などにより白さには限界があります。
被せ物をしたように歯の色が真っ白になるわけではありません。


Q6 : ホワイトニングで色は戻りますか?

時間の経過や、日々の生活により徐々に色の戻りが出ます。また、効果の持続も個人差があります。
タバコ、コーヒー、お茶、色の濃い食事をとると色の戻る原因になることもあります。


Q7 : ホワイトニングに不向きな条件はありますか?

●つめ物やかぶせ物はホワイトニングをしても白くなりません。
  白くするにはつめ物やかぶせ物をやりかえる必要があります。
● 妊娠中や授乳中の女性
● ホワイトニング剤にアレルギーを有する場合
● 無カタラーゼ症
● その他歯の変色原因によっては効果が期待できない場合もあります


Q8 : ホワイトニングによる副作用薬剤はありますか?

ピリピリしたり痛みを感じたり、歯がしみやすくなる方もいます。
そのような場合は進め方を変更します


鈴木歯科医院HOMELinkIcon